2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.02.21 (Thu)

セランガンバツのベンチ

2006028 004

7年前に、大阪のとある大学のキャンパスに設置されたベンチ。

木材はセランガンバツです。

工期目前でゼネコンさまより依頼をうけ、

仕様に基づき木部を加工、納品致しました。


テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 大阪府 ベンチ セランガンバツ

23:43  |  施工例  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.06 (Fri)

セランガンバツの耐久性

先日上司がウッドデッキ改修工事の現場確認に行って来ました。


IMGP0001.jpg

木材はセランガンバツで、塗装されています。

施工後年経過しております。


テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : ウッドデッキ 経年変化 腐朽 セランガンバツ うんちく

23:48  |  うんちく  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.09.10 (Wed)

「うそぷ~」は大阪弁?

デッキですかあぁーーーっ! 
   デッキがあればなんでもできる。
  デッキがあればクレームも起きる・・・・。


朝夕ポッキリ涼しくなりましたね。

網戸で寝ているのですが、
(網戸の上で寝ているわけではありません)
窓のほうに足を向けて寝ると冷えすぎるぐらいですね。

かといって窓に頭を向けて寝ると、
朝日や外を行きかうバイクの音で、
早く目が覚めてしまいます。

ということでどちらとも決めかねて、
毎日違う方角を向いて寝ています。


今日はちょっといただけないウッドデッキを紹介します。
当社で施工したものですが、
施工後3年でこんなことになってしまいました。

b20080123 001

な・な・なんと、雨でぬれてしまったのです。

     ・
     ・
     ・
     ・
 

     う

     そ

     ぷ

     ~

     ・
     ・
     ・
     ・



こんなに反ってしまって、ビスまで跳ね飛ばしてしまいました。

b20080123 002

木材はセランガンバツで、
元請業者さんの指定でした。

要因として
①未乾燥材であった。
②構造もセランガンバツだったため、ビスの保持力が小さかった。
ということが考えられます。

①は、他の床板を見てもビスの頭が浮いていたので、
施工後にかなり乾燥して寸法変化したことは明白です。

つまり木材は、
均一に収縮すれば「やせ」が、
木目により不均一に収縮すれば「反り」「曲がり」「干割れ」が
生じるということです。

ハードウッドは乾燥しにくく、
未乾燥材で仕様されることが多いです。
当社が多く扱っているウリンもそうであり、
120mm幅で輸入したものが、
最大4mmほどやせたものがあります。
しかし、実際に施工したもので、
ここまでねじれたものは見たことがありません。


それと②ですが、
同じハードウッドでも
ウリンやイペと比較して比重が小さい方なので、
床板の反る力にビスが耐えうるだけの堅さがなかったのでしょう。
構造だけでもウリンにしておいたら、
もしかすると防げたかもしれません。


実際にはクレーム扱いではなかったのですが、
当時の私にはいい勉強になりました。
「言われたからその通りやった」では、
ウッドデッキのプロとしての名が廃ります。
まだまだ日々勉強です。


ウッドデッキの施工をさせていただきましたお客様、
不都合なことがございましたらご遠慮なくお申し付け下さいませ。


なお、「雨で濡れた」はクレームの対象外とさせていただきます。



テーマ : お仕事日記☆ - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : セランガンバツ 経年変化 うんちく

21:09  |  うんちく  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |