2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.07.31 (Mon)

特注束石はじめました

特注束石2

前回の施工例紹介記事でもご紹介致しました特注束石。





タグ : うんちく

23:05  |  うんちく  |  コメント(0)

2017.01.27 (Fri)

木材供給

IMG_0664.jpg

杉の杭丸太、長野県から雪を積んで来ました。

『剥き芯』といい、

丸太を桂剥きして合板用の薄い板を取った残りです。


丸太杭はこの他、小径木の間伐材を使用しますが、

この時期は積雪の影響で山から出材しにくい地方があり、

思うように入荷しないことがあります。



ウリンの産地はボルネオ島ですが、

イスラムのラマダンの時期や、

雨季の影響で入荷が滞る事があります。



一時期、政治的な問題でインドネシア領からの輸出がストップした時期がありましたが、

これは、違法伐採材を一掃するためのシステムづくりの期間をとっていたのです。

これについては超長文になるので、いつか改めて書きますが、

ウリン=違法伐採材というレッテル貼りは合理的説明で否定できます。


ウリンをご検討中や、既にウリン製のデッキやフェンスをお持ちのみなさま、

気兼ねする必要は全くありません!



レッドシダーはカナダ西岸のブリティッシュコロンビア州から来ます。

自然条件の影響はあまり受けませんが、

過去には労働者のストライキにより、

1年以上入荷島買ったことがあります。



イペ、アマゾンジャラ、イタウバ等のブラジル材は、

政治的な影響を受けることがよくあります。


以前、

1年前に見積もりしたイタウバのウッドデッキの受注が決まり材の手配に取り掛かったところ、

現地製材工場の経営者が牢屋に入れられたとのことで、

入荷不能で材種を変更させていただいたことがありました。









タグ : うんちく

09:45  |  うんちく  |  コメント(0)

2017.01.10 (Tue)

木造建築のいい仕事 ≠ 木製エクステリアのいい仕事

IMG_0578.jpg

宝塚市O邸外構工事がスタートしました。

過去最大規模の造園工事です。


厳密に言うと、

本日からの工事は中川木材としてはいったん手放し、

大枠のプランニングをもとに造園業者さんに任せました。


いわゆる佐村河内トヨキチ物件です。



最初に来社され、打ち合わせをさせていただいたのが一昨年の2月。

当初の私の考えの甘さや提案力の低さで、

始動まで2年もかかってしまいました。



待たせる方も待たせる方ですが、

待つ方も待つ方です。



いえいえ、いくら感謝しても足らないぐらいです。



今日はその取っ掛かりで、まずは既存デッキの撤去から。


タグ : ウッドデッキ 経年変化 兵庫県

23:38  |  うんちく  |  コメント(0)

2016.11.11 (Fri)

カットサンプルでのデッキ材選び

DSC03365.jpg


ウッドエクステリアの木材選定にあたって、

新品無垢材のカットサンプルを眺めながら、

「建築の雰囲気と木材の色目が良く合う。」

というのはあまりお勧めできません。



無塗装の木材はいずれも屋外にさらされると、

時間差はあれ必ず褪色します。



ウリンやアマゾンジャラのような高耐久ハードウッドであれば、

20年、30年という長い寿命の中で、

最初の半年か1年のためだけに木材を選ぶより、

耐朽性、価格、特性などの基準で選択するほうが賢明です。



タグ : うんちく

18:56  |  うんちく  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.10.14 (Fri)

ウリンが腐った!?

IMG_0142.jpg

現場から帰社するとこのようなものがありました。

表面はリブ加工されてあるものがほとんどで、

サイズ的にも見るからにハードウッドが腐ったものです。


ウリンが腐った!?


タグ : うんちく

11:29  |  うんちく  |  コメント(0)

2016.05.07 (Sat)

ウリンのシミ

ウリンのシミについて、

今まで各施工例紹介記事ではぼちぼち書いていましたが、

今日はここを見ればすべてが解かるという記事にしたいと思います。



200505010 008






タグ : うんちく

15:37  |  うんちく  |  コメント(0)

2015.07.09 (Thu)

ハードウッドへの塗装

塗装についてのうんちくは以前述べました。

今回高耐久はハードウッドへの塗装について述べます。


DSC_0608_20150709103827eb7.jpg

左が無塗装、右が塗装したウリンです。





タグ : うんちく

11:15  |  うんちく  |  コメント(0)

2015.04.14 (Tue)

植栽桝には気をつけろ(2)

DSC_0350.jpg

先日のウッドデッキ工事の現場。

約15年前の新築と同時に施工されたウッドデッキの全面改修で、

束石はそのまま利用します。



DSC_0351_20150403234603b75.jpg

樹木も育ち、根がこんなに張っています。

旧デッキはすでに施主さまによって解体されていたのですが、

束石を押し上げていた可能性もあります。


この部分はたまたま束石の位置を変更する必要がある場所で、

すぐに移動させたので、真意は定かではありません。


今後束石に下に伸びていかないか心配は残ります。


やっぱり、

デッキ内に植栽枡を作ったり、樹木の近くにデッキを作る際は注意が必要です。

タグ : うんちく

09:23  |  うんちく  |  コメント(0)

2014.11.17 (Mon)

人工木材デッキの経年変化

DSC04286.jpg

以前、『人工木材について』という記事で紹介致しました某公園の人工木材デッキです。

その記事を今見返すと、すごい数の拍手を頂いております。

お役に立てていたらうれしいです。



なお、当社の施工ではありません。

まあ、施工品質は今回関係ありません。



その時の写真は上司が撮影したもので、

前から実際に見てみたいと思っていたのですが、

ようやく機会がやってきました。


タグ : 経年変化 人工木材 うんちく

23:46  |  うんちく  |  コメント(0)

2014.02.06 (Thu)

ブロンズビス

DSC_0052.jpg

当社でウッドデッキの床板貼りに使用している標準的なビスは、

右側のステンレス製のものですが、

左側のようなブロンズ処理されたものもたまに使用します。

塗装やメッキではなく、焼くことでステンレスはブロンズ色になるのです。



DSC_0051.jpg

ビスが目立たないということで、ブロンズ色を好んで使用される業者さんもいらっしゃいますが、

メンテナンス塗装なしでウッドデッキを維持される場合、



DSC_0054.jpg

シルバーグレーの木材にはかえって目立ってしまいます。

(雑なサンプルでわかりにくいですが・・・)



いろんなビスのメーカーさんからブロンズ色のビスは販売されていますが、

価格はだいたいステンレス生地と変わらないようです。



木製エクステリアは、こういう視点からも将来を見据えた検討をしましょう。

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 品質 うんちく

13:57  |  うんちく  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT