FC2ブログ
2008年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.10.08 (Wed)

画像てんこもり

デッキですかあぁーーーっ! 
   デッキがあればなんでもできる。
   デッキがあればお酒もうまい!



先週末からキンモクセイの香りが漂い始めました。
それだけで少し癒されます。
別に病んでる訳ではありませんが・・・。

昔、上岡龍太郎が言っていました。
「最近の子供はキンモクセイのにおいがすると、
『トイレのにおいがする~』と言いよる。」
本末転倒というか・・・。


さて、今日はウッドデッキのリフレッシュ工事をご紹介します。
現場は、堺市中区の深井にある、BAR、
AJARA さんのエントランスデッキ。

20080819 001-2

結構痛んでます。
右舷に見えるは私の現場打ち合わせカバン。
ユニクロで2000円弱、もう10年ぐらい使っています。

20080819 005-2

諸事情で3年程度もてば良いとのことで、
代表・西尾さまのご希望は、できるだけ低予算に抑えたいので、
最低限、痛みがひどい下2段分のステップのやりかえということです。
ただし、予算次第でステップ三段分全てしてほしいとのこと。

ウッドデッキ本体は軒下で収まっているので、強度的には問題ありませんが、
土足で歩くので、色の劣化は激しいです。
ステップだけリフレッシュしてデッキ本体がこのままではあまりにも差が激しすぎるので、
デッキ洗浄・塗装も参考見積としてご提案することになりました。
通常は塗装業者に依頼するのですが、
ちょっと試してみたかった薬品があったので、
私が実験を兼ねて施工するということで、
格安でご提案致しました。

また、やはり出来上がりを考えると、
ステップは全てやり直した方がいいのは確実なので、
出来るだけ予算を絞って三段改修の見積を提案、
ご了承いただきました。


後日、ステップの構造確認と薬品の試験のため現場へ。
床板はサイズからして杉の足場板を防腐注入処理なしで使っていると思われます。
床板をはがしてみると、

200809009 002-2

タイルに直接コンクリートビスで構造材を打ちつけてありました。
これではゴミも雨水も溜まり放題です。
こういう場合、少しでも浮かせて、ゴミや雨水が流れるようにしなくてはなりません。

そして、洗浄実験。
最初、グレーになった木材を漂白するつもりだったのですが、
それよりも残っている塗装をはがす方が重要になったので、
木材専用の塗料剥離材を使用してみました。

20080819 013-2

施工前。
雨がかからず、しかも人があまり通らない壁際はしっかり塗料が残っています。
こういうムラになったウッドデッキは、かえって色がはげている方が、
後の塗装はきれいに仕上がります。

200809009 006-2

一番端の板で実験開始。
薬品を塗布し、30分ほど放置します。

200809009 012-2

途膜が柔らかくなったところで、水をかけながらひたすらゴシゴシ。

200809009 019-2

さすがに傷つきくぼんだ部分は無理でしたが、
思ったよりきれいになりました。

200809016 004-2

乾燥した状態です。
以外にも、グレーになっていた部分も、元の木の色を少し取り戻しています。
ただ、薬品のせいか、ゴシゴシのせいかは分かりません。


かくて、実験は成功したので、いざ本番。
ステップ改修の前に監督と二人でデッキ洗浄しました。

お店がBARで営業時間が遅い為、
朝から立会いいただくのは申し訳ないので、
まあ、3,4時間で終わるだろうと、午後から現場へ。

ふたりで両側から薬品を塗り、時間を置いてゴシゴシ開始。

が、落ちない!
よりデッキの内側の、劣化していない部分がぜんぜん落ちません。
スクレイパーと堅めのたわしで思いっきりゴシゴシゴシゴシし、
ゴシゴシしすぎてコシにきましたが、
シヤッターの内側に隠れる部分は完全には落ちませんでした。

IMG_1755-2.jpg

でも、なんとかここまで落ちたので、塗装すればなんとかなるでしょう。

IMG_1754-2.jpg


日を改めてステップ改修とデッキ塗装。
夕方には開店するので、人が通るところから塗装開始。
職人を大量投入しましたので、時間的には問題なく完了。

2008100 004-2

心配していたデッキ本体と親切ステップの色の差も気になりません。

2008100 005-2

構造にはゴムパッキンをかまして浮かせ、コ゜ミや水が流れるようにしました。
本当はもう少し上げたいところですが、
3年でダメになることはないです。

2008100 009-2

デッキ本体もいい具合に仕上がりました。

2008100 016-2

床板は杉の足場板を防腐注入処理しました。
床板にこれほどの幅広で、
しかも防腐注入して含水率の高い材料を使うと、
かなり反ってしまうのであまり向いていないのですが、
デッキ本体との意匠合わせのためにやむなく使用しました。
ただし、あえて木裏を表に使い、
反っても床板に雨水が溜まらない様にしています。
土足での使用となりますので、
木目が起きても問題は少ないです。

アメリカではこの使用法が主流ですが、
耐久性よりそげや意匠面を重視する日本では、
木表を化粧面にしようするのが一般的です。
この件についてはまた別の機会にうんちくたれます。


西尾様、この度はありがとうございました。
今の時期、デッキ席で一杯やるにはちょうどいいですね。
ハーブの香りが心地よいですし。

9/20のイベントまでに間に合わすことが出来ず
申し訳ございません。
どうしてもこの時期は防腐注入処理の納期がかかってしまいまして・・・。
私は下戸なのて゜売上げ貢献できませんが、
商売繁盛、お祈りしております。








キットデッキweb期間限定大セール!!でーす!
ウッドデッキの秋ですよ~。




お願い事項です。

ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリッとクリックしていただきますと、
ランキングがズンッ!とあがり、
このブログがキラッ!と脚光を浴びることになります。
いずれ゛ログ本が発行され、
映画化されてカンヌで金獅子賞を受賞したとき、
みなそんがその一翼を担ったことになり、
家庭や職場、学校でたいそう自慢できますので、
衆院選の予行演習として清き一票をお願いします!



ちなみに、ランキングからページタイトルをクリックしていただくと、
さらにポイントが加算されますので、
カンヌへの道のりがさらに近くなります。

テーマ : お仕事日記☆ - ジャンル : 就職・お仕事

20:49  |  ウッドデッキ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |