FC2ブログ
2008年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.10.14 (Tue)

問題点もさらけ出します

デッキですかあぁーーーっ! 
   デッキがあればなんでもできる。
   デッキがあれば変化も楽しめる。



こんばんは

三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか?
私はと言いますと、

11日 妻子受け入れの為の部屋の片付け、掃除。
12日 里帰り中の妻子の引き取り。
13日 お宮参り

と、家族に尽くした3日間でした。

途中、友人からのアオリイカ釣果速報が入り、ちょっとくやしかったのですが、
愛娘と存分に過ごせたので、それで十分。

もともと子供が大好きで、
友人の子供に会いに行ったり、
姪っ子と遊んだりするのが楽しみだったのですが、
やはり他人の子なので、遠慮が入ります。

自分の子なら、好きなだけ抱っこでき、
好きなだけ世話ができ、
好きなだけ見つめていられますからね。

今朝も、私の顔をみて笑いながら、
「あう~、あう~」
としゃべっている娘を置いて出勤すののがとても残念でしたし、
今も、早く帰りたくてたまりません。
これからのブログ、ちょっと短くなるかも・・・。


ということで、今日は軽く施工例をご紹介します。
高槻市のH様宅のウリンデッキです。

なかなかこだわりのあるお客様で、
いろんな外構の配置を考慮しながら、
実際にお庭にデッキの絵を書きながら
検討されていました。

こだわりのあるお客様というのは、
こちらのやる気も掻き立てられます。
高い理想を持ち、真剣にご検討くださっているので、
それを上回るご提案をすれば、本当に喜んでくださいます。

現場はこんな感じです。

20060527 001-2

ハキダシ2箇所にわたるデッキですが、
向かって右側に設置予定の物置をかわして、
どれだけ通路が確保できるか、
また、向かって左側の水道を使いやすくするかという点が、
仕様決定のポイントとなりました。

いろいろと凝った仕様もご提案致しましたが、
デッキ本体の有効利用や予算のこともあり、
ある程度シンプルにまとまりました。

IMG_7684-2.jpg

材種はウリンです。
ステップを大きく取り、家庭菜園へのアプローチしやすくなっています。

IMG_7689-2.jpg

ステップのみ斜めカットし、
動線を確保しつつデッキの有効面積を広く取っています。
この部分でいろんな提案をさせていただきましたが、
シンプルかつ使い勝手のよい仕様にまとまりました。

IMG_7685-2.jpg

立水栓はステップに腰掛けながら使用できます。

H様にはご満足いただけたようで、
目隠しフェンスのご注文もその後頂きました。
その打ち合わせの時に撮った、2年経過したウリンデッキです。

20080225 012-2

完全にシルバーグレーに変化していますが、
かえって現在の方が建築とマッチしていると思いませんか?

20080225 015-2

経年変化したウリンデッキは落ち着きが出るという意味が
わかっていただけると思います。


ちなみに、
検索キーワードに「ウリンデッキ 問題点」というものがありましたので、
それについてお話します。

他の材と比較して、ウリン特有の問題点というと、

①ポリフェノールの溶脱により、コンクリート面に赤茶のしみが出来る。

20080331 041-1

これは化学反応によるもので、
たいていの場合は台所用アルカリ性漂白剤で中和でき、
簡単に元に戻すことが出来ます。

20080331 082-2


②色やけがはげしく、保管状況による色ムラがある。

20050319 011-2


一日光に当たっただけでも、梱包していたバンドの跡がついてしまいます。
倉庫で保管している山の外側と内側でもやけ具合が違いますし、
桟組みして感想していますので、その桟の跡もついています。
ただし、この跡もすぐに日焼けしますので、
1ヶ月も経てば気にならなくなります。


あとは、ウリンだけでなく、他のハードウッドにも存在する問題点です。

③乾燥による干割れ、ササクレ、反り
ハードウッドは一般的に人工乾燥しにくく、含水率が高いため、
施工後に乾燥し、このような寸法変化が生じやすくなります。
ハードウッドの場合、そりやねじれは、
時にはビスを引き抜くほどの力が加わることがあり、
ササクレは硬く、ソフトウッドより危険性が高くなります。
ウリンはハードウッドの中では少ない方です。

④プレナー加工の刃物焼け
プレナー(自動かんな)加工時、材料を送り込むローラーが空回りし、
木材の同じ場所で刃物が回り続けた結果、
焼けた跡がつくことがあります。

IMG_7588-2.jpg



考えられるウリンの性質的な問題点はこんなところです。
しかし、問題点以上に利点が多いため、
積極的に使用しています。

私も、もし自宅にウッドデッキを作るとすれば、
間違いなくウリンを使いますね。


結局、「軽く紹介します」と言いながら、
いつものように長文となってしまいました。
思い入れが強い分、
全て書きこみたいと思いますので・・・。





お願い事項です。

ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリッとクリックしていただきますと、
ランキングがズンッ!とあがり、
このブログがキラッ!と脚光を浴びることになります。
いずれブログ本が発行され、
映画化されてカンヌで金獅子賞を受賞したとき、
みなさんがその一翼を担ったことになり、
家庭や職場、学校でたいそう自慢できますので、
衆院選の予行演習として清き一票をお願いします!



ちなみに、ランキングからページタイトルをクリックしていただくと、
さらにポイントが加算されますので、
カンヌへの道のりがさらに近くなります。

テーマ : お仕事日記☆ - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 大阪府 ウリン ウッドデッキ ステップ

19:47  |  ウリンデッキ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |