FC2ブログ
2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2009.01.21 (Wed)

パティオデッキ

デッキがあれば家族も集える

今日は久々にウエスタンレッドシダーの施工例です。

外構業者さんの下請工事でした。

施工箇所は建築が凹型にくぼんだ部分、
中庭のような場所です。

20060619 009

三方すべてにハキダシ窓があるので、
ウッドデッキができると、動線が広がりますね。

では、はめ込んでみましょう。

えいっ!

01_20090121185224.jpg

こういう空間を欧米では「パティオ」といいます。
それぞれの窓から家族が集まってくる様子が想像できます。
今ごろ、テーブルセットなんかがおかれているのでしようね。

04_20090121185247.jpg

ウエスタンレッドシダー・クリア(節なし)です。
米杉ともよばれていますが、
ヒノキ科の木材です。
杉の代替品として使用されだしたので、
米杉とよばれています。

朝鮮半島では、「レッドシダー・コリア」と呼ばれています、はい。

こんな贅沢な節無し材、なかなか他では見られないと思います。

02_20090121185212.jpg

植栽枡は開閉式になっており、
万が一の植え替えにも対応できるようになっています。

03_20090121185237.jpg

デッキの幅全体にわたるステップ。
これだけ大きいと使い勝手がいいですね。
ベンチ代わりに腰掛けている横を通ることが出来たり。


レッドシダーのウッドデッキも、
水はけや風通しをしっかり考えて施工すれば、
10年以上問題ないという実績は多々あります。
施工場所の字用件にもよりますけど。


この現場、
施工完了した直後に建築壁面の塗装屋さんに汚され、
それがしみとなって床板を張替えなければならないという、
残念な事態が起きました。

060805点検口修正

費用は塗装屋さん持ちだったのですが、
一度仕上げたものをすぐにやりかえるというのは、
精神衛生上よくないです。

しかし、この一件で、
木材のシミについていろいろ調べた結果、
新たな知識が増えました。
そのことはまたおってお話させていただきます。


昨日は途中までこのブログを書いていたのですが、
指がうずいてきたので帰りました。

帰ってごはんを食べて薬を飲んでからやりかけたのですが、
書いたはずの部分を更新し忘れており、
ショックと薬の効能で眠ってしまいました。

ということで、朝ブロです。

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

18:58  |  レッドシダーデッキ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |