FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.07.06 (Mon)

エレクトリックブログ

うちのテレビ、
スイッチオンしてから10分間ぐらいは
音声だけで内容を想像して楽しむ、
「闇テレビ機能」がついていました。


出勤前のめざましテレビなんかでは、

「マイケルジャクソンの秘蔵映像です!」

などというコメントにソワソワしながら、

「ダッ!」

「アッ!」

「フォー!」

だけ聞いているうちに次の話題へ。


「闇テレビ機能」が解除となると、
今度は「フェアリーフィルター」が作動します。

スリガラス越しに見ているように映像をぼかし、
世知辛い昨今の醜い世界から目をそむけられるようになっています。

時間に縛られて窮屈に生きていかなくてもいいように、
番組表なんかは、まったく読めないぐらいにぼかしてくれます。



この特殊機能にも我慢ならなくなり、



週間前、売上げ最大の電気量販店で、
とうとうプラズマテレビとブルーレイを購入しました。

ブルーレイの機種は前から決まっていたのですがね
テレビに関しては何ヶ月も悩んでいました。


プラズマにするべきか、液晶にするべきか?

フルハイビジョンにすべきかどうか?

何インチにすべきか?

ネットで最安値で買うか、近所の電気屋さんで買うか?

電気屋さんならどこにしようか?


さんざん悩んだ挙句オーバーヒート状態になり、
ブルーレイとリンクできる同メーカーで、
うちの暴れん坊将軍にも絶えられるプラズマにしました。


やっとありのままにテレビ放送が見られると思いきや、

「納品まで3週間かかります。」


あらら・・・・。


エコポイント需要で製造が追いついてないのでしょうか?


ということで、昨日やっと来ました。


配達以外に、
現状テレビのリサイクル引取りと、
プラス3000円で敗戦までやって帰るとのことで、
まあ自分でもできるけど、安いからやってもらうことにしました。




しかし、この配達員、
作業しながらブツブツ文句ばかり言って帰りました。





まず初めに、

今まで使っていたテレビを運び出した後、
もし転売したときのために、

「リモコン」も持っていってもらった方がいいですか?」

と聞いてみたところ、

「いらないならもって帰りますけど・・・・」

あ、そうですか。

「・・・・けど、新しいテレビ運び込むまでが勝負なんで・・・・。」


???


どうやら、

「忙しいので話かけんといてくれ!」

と言いたかったようです。



それから、ブルーレイの設置。

光ケーブルテレビのチューナーやら、DVDレコーダーがつながっていましたが、
外さない方がわかりやすいかなと思い、
あえてそのままで待っていました。


もともとDVDがあったスペースで入れ替えてもらうつもりだったのですが、
そのスペースにDVDのソフトも突っ込んでいたので、

「こういうのは片付けといてくださいね!」

まあ、それはそうです。わるうございました。

しかし、言い方が気に喰いません。
文字では表現できてませんけど。



この後、テレビ、ブルーレイ、光チューナーの接続。

うちのテレビ台は北欧製のローボードで、
3つに間仕切りされており、
左から、ビデオデッキ、DVDデッキ、光チューナーの順に並んでいました。

この真ん中のDVDをブルーレイと入れ替えるだけだったのですが、
テレビの配線ジャックがビデオ側にかたまっているため、
光チューナーからの配線が短いようです。

届かない距離ではないのですが、
結局真ん中のスペースに、ブルーレイとチューナーを重ねて置くことに。

その作業をしている間もね

「線が短い!線が短い!」

「時間かかるわー!」

とグチりっぱなし。


その上、
10万円以上する、お気に入りの北欧製ローボードの上で、
テレビやらブルーレイやらをガチャガチャ乱暴に動かしまわし、
天板は傷だらけ。




帰り際には、

「今度買い換えられる時は、最低2m以上のコードを用意してもらった方がいいですよ。」



そんなに長かったら、ローボードの裏は蛇の巣状態じゃ!


もう、うっとおしいから中途半端でも早く帰って欲しかった。



妻は、取り扱いの説明がないことに腹を立て、
家電量販店に電話していました。

答えは私の予想通り、

「配達と配線のみのサービス」とのこと。

まあ、それは費用対効果で仕方がないことでしょう。

町の小さな電気屋さんがつぶれない訳が分かったような気がしました。



とりあえず私は配線チェック。

すると、

電気屋で買ったHDMIケーブル以外、
映像のケーブルがアナログの黄色いジャックのもので済まされていました。
わざわざデジダルケーブルを外さずにおいていたのに!



次の現場があってあせっていたのか知りませんが、
ひと現場の到着時間に2時間も幅をもたせているのだから、
ひとつひとつの現場をもう少し大事にしたらどうですかね。

配達員も、ましてや家電量販店も気づいていないところで、
こうしてお客様の不満足が噴出しています。

自分の身に置き換え、
自分の都合よりお客様のことを最優先に考え、
最善のサービスを本当に提供できているのかと、
反面教師として利用できた出来事でした。





テレビは主電源を切ることで待機電力をカットして電気代を節約できるといいますが、
確実にテレビの寿命が縮まると思います。
会社の食堂にあったテレビも、
スイッチの接触がおかしくなり、電源が入らなくなってしまいました。

待機電力って、
リモコンやタイマーを装備しているものや、
起動までにある程度の電気を蓄えておいた方が良いものに
必要なのはわかるのですが、
携帯電話の充電器って、ほんとに待機電力を消費しているんですかね?
分解してみたら、何の基盤もなく、
ただ、携帯のジャックに合うように接点の形状をかえているだけなんですけど・・・。
それで消費するなら、タップから常に放電されているということではないのかと、
素人考はえてしまうんですけど・・・・。

簡単に説明できる方、教えてください。


また、電気ポットの磁石で外れるコードも、
コンセントから抜かないと待機電力を消費しているんですか?

テーマ : お仕事日記☆ - ジャンル : 就職・お仕事

21:39  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |