FC2ブログ
2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.10.20 (Tue)

ひぐちカッター

昨日、事務所にて。



朝、事務所の階段の下で
パートのTさんがはいつくばっていました。



「コンタクトでも落としたんですか?」


「時計を階段の上から落として、電池がどこかにいったんですよ。」



いっしょに階段の下を覗き込んでみましたが、
見当たりません。



「もういいですよ。」



あきらめて立ち上がるとき、
視界の隅になにか光ったような・・・。



「あああっ!」


「またまたぁ」



よく見ると、直径3ミリ程度の極小ボタン電池でした。



「ほらほら!」


「えええぇーっ!絶対ウソやと思った。たまにはイイコトするんですね。」


Tさんの中では、私はうそつきキャラに仕立てられていました。






午後、後輩のIくん、



「トヨキチさん、カッター貸してください」


「これでいいかな?ひぐちカッターの方がいい?」


「ひぐちカッター???」



おっと、Iくんはひぐちカッターを知らないようです。
まだ30代前半ですが、あまりテレビを見ないのかな?

そういえば仕事以外のふたりの会話といえば、タイガースの話ばかりでした。



「日本で一番よく切れるカッターやないか、知らんの?」


「お笑いかなにかですか?」



そこまで察しがついたか。

さすがに付き合いが長いだけあって、
ボケどころは分かっています。

私の前の席では、Tさんがクスクス笑っています。



ちょっとTさん、やってあげてください。」


「イヤデス・・・。」




しばらくして、工場で作業をしていたO原君がやってきて、



「Iさんに『ひぐちカッターって何?』って聞かれましたよ!」



キキコミを始めた様子。
相当気になっているようです。





またしばらくして、こんどはIくんが戻ってきました。



「それで、ひぐちカッターって何なんですか?
ネットで調べても、なんかドラム叩いているような動画しか出てこないんですよぉ。」




かなり飢えてきています。

仕方がない、教えてあげましょう。



「三遊亭円楽がやってるやつ。知らん?」


「はあ・・・。」




フリもつけて教えてあげました。

[広告] VPS


[広告] VPS
そして今日、
O原君が寄ってきました。



「Iさん、なんかこんなことして『コレやろ?コレやろ?』って言ってきたんですけど・・・。」



と話すO原くんの両手は腰の位置で「小さく前にならえ」、
私が伝授したとおりでした。



しかし、その後のIくん、


「昨日のアレ、何カッターでしたっけ?」



「もう忘れたんか? 『やまもとカッター』やないか!」

テーマ : お仕事日記☆ - ジャンル : 就職・お仕事

23:52  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |