2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.01.11 (Fri)

堺市東区 I 邸ウリン列柱パーテーション

新春特番三夜連続施工例紹介の最終日は、

列柱パーテーションです。



00-DSC09109.jpg



【More・・・】

施工前。

01-SANY0205.jpg

電子錠のある門扉から階段を上り、

石貼りのアプローチから玄関ポーチへという動線ですので、

基本的に入ることを許された人だけがここを通るわけですが、

リビングの真ん前であり、

軽く目隠しできる間仕切り程度のものが欲しいとのご要望がありました。



02-DSC09106.jpg

ウリン角材を利用した列柱パーテーションです。



03-DSC09118.jpg

角材7本をグループとし、

4グループを石貼りの凹凸似あわせて平面的な動きをもたせました。

石貼りとの距離を均一にするとグループ間の隙間が空きすぎるので、

そこは適度に調整しました。



04-DSC09114.jpg

この角度であれば目隠し効果は結構あります。


高さも4種類つくり遊びをもたせています。

娘が持っているフライドポテトのおもちゃのようです。



05-DSC09110.jpg

真横から見た状態です。

ここまで踏み込めたお客様にだけ許された光景です。



06-DSC09108.jpg

通りすぎて振り返りました。

脚立に登って撮影しています。

柱頭は割れ止めを塗っています。

決して効果が高いわけではありませんが、

急激な乾燥に耐え、干割れを少しでも抑えられたらと思い

ひと手間かけました。



07-DSC09092.jpg

内側からの眺めです。

中川木材自慢の大工による施工ですので、

垂直、間隔、レベルは見事にあわせてくれています。

ちょっと手をかけすぎなのですが、妥協できない親方なのです。



08-DSC09128.jpg

ちょっと位置を変えると見え方が随分違いますね。

この雰囲気を施主さまに感じていただこうと、

3つのパターンの並べ方をそれぞれ3DCADで製図し、パースでご確認いただきました。



09-DSC09090.jpg

この角度はかなり詰まって見えます。


ウリン角材はすべてひとまわり小さく削り、

反りと表面の汚れを修正しています。


重いので大変でした。



10-DSC09126.jpg

ウッドデッキからの光景です。



11-DSC09124.jpg

気を許し、顔が確認できる角度ですね。



12-DSC09131.jpg

やっぱり油断ならないかもと思い直す角度でする



13-DSC09093.jpg

玄関ポーチの反対側にも、濡縁とのパーテーションがあります。



14-DSC09091.jpg

こちらは高さを揃えています。

この方がごちゃごちゃにならず、すっきりまとまります。



15-DSC09100.jpg

三夜連続新春スペシャルはいかがだったでしょうか?


施主さまのご要望をもとに、コストを検討し、

少しだけイメージを沸かせてデザインしただけですが、

結果的には不思議と建築や外構とうまくまとまりました。

施主さまのご要望に自然と導かれたのでしょう。



達成感の大きい現場でした。



やっとご紹介できてなによりです。



テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 大阪府 ウリン ウォールフェンス

18:00  |  ウォールフェンス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/1053-5a784065

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |