2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.03.01 (Fri)

堺市西区K邸濡縁(1)

00-DSC00420.jpg

堺市西区K邸濡縁をご紹介致します。



【More・・・】

当社のお得意先の社長のご自宅です。

建て替えにともない、外構プランもホハウスメーカー様からご提案されていたのですが、

濡縁は当社にご注文頂きました。



01-KIMG0334.jpg

ここは中庭です。

建築のど真ん中をぶち抜いた形で、四方からアクセスできるように掃きだし窓があります。


02-DSC00416.jpg

大きさはD1300×W2625、

木材はウリンです。

当初は人工木材でご提案されていたそうですが、

建築にも無垢の木材がふんだんに使用されており、

濡縁も無垢でということで選択していただいたのでしょう。



03-DSC00418.jpg

外構全体としてのプランが完成されており、

その中の濡縁を形にしました。

タイルをあえて全面に敷かず、

砂利や植栽を位置しつつ濡縁を重ねたという、

なかなかの外構デザインです。



04-DSC00414.jpg

タイルのない二方向に濡縁が接しています。

使い勝手も良さそうです。



05-DSC00423.jpg

奥行きが小さく根太が2列しかない場合、

床板は2箇所でしか固定されませんので、

反ってしまうと歯止めがききません。


床板は在庫期間が長く乾燥率が高鋳物の中から両剤を選別し、

反りを修正するために削り直しました。


最善を尽くしております。



07-DSC00407.jpg

フロアレベルが非常に低いため、

根太は通常より高さの小さいものを使用しています。



06-DSC00421.jpg

本来の木端立て式濡縁ではありませんが、

鼻隠しをつけず、構造をできるだけ内側に寄せて見えにくくすることにより、

シンプルでシャープなラインの表現を心がけました。



平面プランは決まっていましたが、


こういう詳細仕様は私が考えております。


08-DSC00419.jpg

どこからでも鑑賞できるアートとしての空間なのか。

テーブルを配置してティータイムを過ごされるのか。

贅沢な空間ですね。



実は玄関横にも濡縁をもう一台施工させて頂きました。

そちらは日を改めてご紹介させて頂きます。

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 大阪府 ウリン 濡縁 ウッドデッキ 鼻隠しなし

20:37  |  ウリンデッキ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/1087-1eec818f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |