2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.05.30 (Thu)

ウッドデッキに素足?

「裸足で歩ける木材がいい。」


小さなお子様がいらっしゃるお客様は特にこのご要望が高いです。


無垢の木材では完璧には叶えることができません。





1.ささくれ


程度の差はあれ、無垢の木材は膨張・収縮を繰り返すことにより、

干割れやささくれを生じます。



先日ショールームにご来場されたお客様が、


「ウリンはささくれが生じやすいので裸足では歩けないと聞いた。」


とおっしゃっていましたが、

これは正確ではありません。


レッドシダーでも同様にささくれを生じますが、

ウリンやアマゾンジャラ等のハードウッドはささくれも硬いので、

刺さった時の怪我の度合いが違ってきます。



また、

木材には木表と木裏があり、

基本的には木表の方がささくれになりにくく、

ウッドデッキの床板はなるべく木表を上に向けて使用するようにしています。

(木表、木裏についてはまた改めて詳しく語ります。語ったかな?)



ところが、

芯を含んだ板の場合、

板の端と端で表裏が入れ替わっているものもあります。

レッドシダーや杉などの針葉樹に見られます。



また、ハードウッド(広葉樹)によくある特徴なのですが、

繊維(組織)がソフトウッド(針葉樹)のようにまっすぐでなく交錯しており、

板面に対して部分的に直角に繊維方向が向いているものがあり、

表も裏もささくれ立つ板があります。



KIMG0687.jpg

表です。



KIMG0686.jpg

同じ板の、同じ部分の裏です。

イペやセランガンバツに良く見られますが、

ウリンでも時々このような材があります。



ですから、

ささくれない無垢の木材を屋外で使用するというのは、

現実的に難しいのです。





2.熱さ


これからの季節は気温上昇とともに床板もかなり高温になります。

人工木材ほどではないにしても、密度が小さく熱伝導率の低いレッドシダーでさえ、

夏の日なたではじっと立っていられなくなるほど熱くなります。





3.汚れ


そもそもここが根本的な問題です。

雰囲気が良く見えても、

屋外でさまざまなほこりや汚れに侵されています。

そんな足で部屋にそのまま入って来ようものなら、

トヨキチ家では妻にひとでなし扱いされます。


コンクリートやFRP防水仕上げのベランダには裸足で降りないのに、

同じ条件のウッドデッキは特別ではありません。




といことで、

ウッドデッキでは履物を履いて、

安全で清潔なアウトドアライフを満喫してください。

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : うんちく

23:25  |  うんちく  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

トヨキチ様
ご無沙汰しております。久しぶりにコメント失礼します。本当に不思議なんですけどウッドデッキは裸足で歩いてもいいかなって思ってしまいます。確かに汚れるかもしれませんが裸足で歩いてしまいます。何故ですかね?ささくれや干割れもはじめの頃はヤスリ持って磨いてましたが、最近は気にならなくなりました。以外と平気です。というか、ささくれも干割れも全然気になりません。よく見るとありますけど、今まで刺さった事がないのです。運がいいのですかね?これからも自己責任で楽しくウッドデッキを利用していきます。梅雨が終われば、BBQにプール等々楽しみです。
お忙しいようですが、これからもブログ頑張ってください。
ハナミズキ |  2013.05.30(木) 23:38 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

ハナミズキさま

お久しぶりです。


>ささくれや干割れもはじめの頃はヤスリ持って磨いてましたが、・・・
「完成して間もないのにこんなに干割れが出た。」と言われたことがよくありましたが、木材にとっては施工直後がもっとも含水率が高く、そこから乾燥していって次第に落ち着いていくわけで、倉庫からいきなり南向きの日当たりの良い屋外に放り出された施工直後がもっとも変化が大きく、割れやささくれが生じやすいというわけです。逆に一定期間が経過すると、雨によって極めて小さい範囲での膨張収縮は繰り返すものの全体としては落ち着いているので、初期段階の干割れや収縮が経年に比例して増えるわけではありません。ですから「はじめの頃はヤスリ持って磨いてましたが、最近は気にならなくなりました」というハナミズキさんの対処は大正解です。


>これからも自己責任で楽しくウッドデッキを利用していきます。
やはり施工会社としては裸足OKとは言えないんですよね。一応「裸足はダメ」とアナウンスしておき、「そんなに問題は無いと思いますが、あとは自己責任でお願いします。」というのが本音です。まあ、私がこの世界に入った頃はウッドデッキ材も家具同様に考えられていましたので、それから比べるとウッドエクステリアに関する一般のかたの認識はかなり深まりました。


>梅雨が終われば、BBQにプール等々楽しみです。
有効利用して頂けるのが感じられるととてもうれしいです。近くに行く機会があればお伺いしたいなあと思いながらそちら方面の仕事がありません。あったらあったで大渋滞が心配ですけど・・・。交通情報で宝塚の情報が流れるたびに思い出します。


お忙しいようですが、これからもブログ頑張ってください。
手抜きをするなという叱咤激励と受け止め、しっかりがんばります!

トヨキチ |  2013.06.01(土) 17:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/1141-8e5838d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。