2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.06.11 (Tue)

床板リバース

お得意先の造園業者さまより連絡がありました。

3年前に施工したアマゾンジャラデッキの床板を施主様が焦がしてしまったので、

補修の見積をして欲しいとのこと。



KIMG0708.jpg

写真で見る限り、張り替えるほどのものではなさそうです。

サンダーがけか、板を裏返すことで対処できそう。

こちらの都合の良い日時で行かせてもらえるなら、サービスでさせて頂きますと返答しました。



で、今日行って来ました。

実物をみてみると、3mm程度の深さで焦げてしまっています。

サンダーは厳しいので、裏返して見ることにしました。



KIMG0711.jpg

床下構造はクマル材です。

まだ3年半なので、当然何も問題ありません。


造園業者さまの方針でウリンが使えず、

アマゾンジャラ+クマルという仕様になりました。



KIMG0709.jpg

板の裏側は全く色あせていません。

木材の色素成分は光が当たることにより水溶性に化学変化し、

雨水によって溶出し褪色するというメカニズムなので、

どちらからも保護される裏側はほぼ新品ということです。

干割れやコケっぽいものはありますけど。


KIMG0713.jpg

裏面をサンダーがけして汚れを落としてビス止めしました。


なんでもない作業のように思えますが、

木材は乾燥すると繊維が引き締まり、硬くなります。

市販のコーススレッド等を使用していると、

こういったメンテナンスでの抜き差しをしていると簡単に折れてしまい、

満足な補修ができません。


当社りNMSビスはちょっとお値段が高めなのですが、

各部の形状から素材の含有率まで徹底的に拘って開発したオリジナルのビスであり、

施工性、メンテナンス性の良さは職人さんたちから好評を得ています。



あまりにも宣伝っぽくなってしまったので、あえてリンクなど貼りません。

ビスの宣伝より、

そこまでこだわって高品質な工事をしているということが言いたかっただけです。


まあ、どちらにしても宣伝ですね。

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : うんちく 経年変化 改修

23:53  |  うんちく  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/1157-9376f594

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |