2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.06.12 (Wed)

本物のウッドデッキ

昨日の3年ものアマゾンジャラデッキがいい具合に年齢を重ねていました。

造園もかなり大掛かりで、完成写真の撮影を楽しみにしていたのですが、

デッキ完成時には造園が仕上がっておらず、

施工例紹介もきっちりできませんでした。



DSC02507.jpg

【More・・・】

雨がぱらぱらするあいにくの天気でしかも夕方。

ちょっと暗いです。



DSC02516.jpg

2層にわかれたウッドデッキです。

贅沢なつくりですね。



DSC02517.jpg

アマゾンジャラはすっかりシルバーグレーに落ち着いています。



DSC02523.jpg

植栽とウッドデッキがお互いに引き立てあっています。



DSC02525.jpg

この味わいは人工木材や塗装では表現できません。



DSC02519.jpg

年月が経過しても荒れない植栽。

造園プランナーさんの技術です。



DSC02520.jpg

樹木の下は実や落葉の影響で少し濃くなっています。



DSC02521_20130612182653.jpg

ただただ贅沢に水が流れています。

「金魚を泳がせたい!」などと小市民的な発想をしてはいけません。



DSC02518_20130612182648.jpg

先日の施工例紹介で少し触れた、

奥行きが小さい部分で根太2点止めの部分ですが、

板の反りは目立っていませんでした。



DSC02531.jpg

白とグレーがムラになっている板は、アマゾンジャラによく見られる「トラ目」です。


トラ目はギターのボディ材では高付加価値材として扱われています。



DSC02514.jpg

造園業者さんから、

「リフレッシュする方法しないか?」と聞かれましたが、

お断りしました。

こんなに深い味わいは、故意につくろうと思っても作れません。

ガーデニング写真集に出てきそうな光景です。



この価値観を共有していただけましたら幸いです。

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : アマゾンジャラ 経年変化 奈良県 ウッドデッキ

18:59  |  経年変化施工例  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/1158-5d3a3c1a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |