2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.06.05 (Thu)

尼崎市N邸ウォールフェンス

DSC_0301_20140604130753ef8.jpg

尼崎市N邸ウォールフェンスをご紹介致します。


【More・・・】



昨日の続きです。



DSC_0540_20140604131406881.jpg

せっかくウッドデッキができても、

目の前にこれだけお隣の窓があれば、

ちょっと落ち着きません。

プライベートスペースを完成すべく、ウォールフェンスもご希望です。



ウッドデッキはウリンだったのですが、

予算がかなり厳しかったので、

在庫処分価格のレッドシダーのパネルでご提案しました。


ただ、横板の隙間が25mmあり、けっこう見えてしまいます。

10mmにできないかとおっしゃったのですが、

規格商品として完成しており、変更ができません。


一度は施主さまにご納得いただいたのですが、

今度はこちらがスッキリしません。

完成してみてガッカリされたのでは、こちらがモヤモヤしてしまいます。


ちょっと検討の時間を頂き、

少し予算オーバーとなりましたが、

その分をカバーして余りあるウリンのウォールフェンスを提案し、

ご納得頂くことが出来ました。



DSC_0289.jpg

高さ2300mm、長さ3500mmのウォールフェンス。



DSC_0294.jpg

現場施工費を抑えるため工場でパネル化ました。

こうしておくと、現場では穴掘りとコンクリートでの基礎打ち作業がほとんどとなるので、

作業は大工さんではなく、造園職人で行うことができます。

造園職人さんは軽トラックを持っているので、

駐車スペースの問題も解決します。


もちろん、レベルや柱の立ち、通りは私が責任を持って合わせています。



DSC_0293.jpg

横板は大阪狭山市T邸ウリンデッキでうまくいった9mm厚のものを使用し、

材料費もコストダウンしています。



今回は桟が化粧面となり、ビスが見えないようにパネルの向きを設定しました。



DSC_0287.jpg

パネルは3枚ですが、中央のパネルは幅を小さくしています。

柱を花壇の中に施工することで、

土間コンクリートのハツリ作業がなくなり、少しでも手間を軽減できます。



DSC_0296.jpg

目地はご希望どおりの10mmです。

植栽のバックグランドとしていい働きをしていますね。



07--DSC_0310.jpg

築後5年でリニューアルされたこのスペースは、

きっと施主さまのライフスタイルにも変化を与えてくれることでしょう。


タグ : 兵庫県 ウォールフェンス ウリン

07:07  |  ウォールフェンス  |  コメント(1)

Comment

相互リンク

突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら⇒http://moonhan4.blog.fc2.com/
でサイトをやっているきみきといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
kimiki |  2014.06.05(木) 07:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |