2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.10.17 (Fri)

『LIVING & DESIGN 2014』出展

昨日参加の展示会、

LIVING & DESIGN 2014』というものでした。



当社は『BC WOOD』という団体に属しております。

『BC』とは、カナダのブリティッシュコロンビア州のことで、

簡単に言えばBC州の木材の利用促進団体みたいなもので、

『BC WOOD』としての出展でした。



その中でも『チーム・レッドシダー』として、

『BC WOOD』の中でレッドシダーを扱う企業が集まっての出展です。


レッドシダーの老舗、中川木材産業は、

西日本唯一の企業としての参加でした。



DSC_0535.jpg

ブースはこんな感じです。

当社はエクステリア用材をメインとして使用していますが、

他社さんは外壁や内装材のような建材がメインです。

ということで、このようなイメージ出展という形になったのでしょう。



DSC_0539.jpg

地面にはレッドシダーのチップが敷き詰められています。

本当にいい香りがします。

国産杉、国産ヒノキもいい香りですが、

万人うけするのはレッドシダーではないでしょうか?


これは商品ではなく、

製材所で出た端材をパルプや燃料用に粉砕したものですが、

これにばかり問い合わせが集中していましたので、

商品化を検討中です。



DSC_0526.jpg

レッドシダーの切り株です。

直径1.2mあります。


入皮の具合がまるで花柄のようでかわいく、

これも非常に人気がありました。



俗にいう「入皮」というのは、

傷ついた表面を保護するために皮が覆ってできるものなので、

こんなに規則的にはなりません。


根元の部分で、根っことの境界部分ということでしょう。



DSC_0537.jpg

そして、このオブジェは、

針葉樹を表現しています。

レッドシダーの再生ですね。



DSC_0538_201410200817312d8.jpg

そしてこちらは上向きの枝ぶりは広葉樹を表現しています。

転生ですね。




15日~17日の3日間ありました。


前もって宣伝しておけばよかったのですが、

この日は担当の専務がイベント内でセミナーの講師をしなければならなかったので、

私はその代打出場で詳しい内容がわからないまま参加していました。



ちゃんと予習しとけという話ですね・・・。



他の企業さんがレッドシダーのスペシャリストの方ばかりなので、

勉強させて頂くつもりで行ってきました。



当社にもレッドシダーのセミナーの講師をするほどの大先生がいらっしゃるので、

知識的には大きく劣ることはありませんが、

同じことを説明するにも表現方法が全く違い、

聞き耳を立てながら、


「この言い回しはわかりやすい!」


などと勉強させていただきました。



逆に、


施主さまとの直接のお付き合いにより得られる情報があること

現場での実際の加工、施工や、経年変化の状態に触れていること

いろんな樹種を扱っているため、公平な目で適材適所のご提案ができること


など、当社の良いところを確認することが出来ました。



また、

今回はコンパニオンさんを雇っており、

それはすごく楽しみにしていたのですが、

思いのほか仕事熱心で、

大した事前のレクチャーがなくても、

私達プロのトークに耳を傾けながら情報を取り込み、

お客様との基本的な応対ができていることにも驚きました。



さすが、その道プロですね。


23:53  |  未分類  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |