2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.11.17 (Mon)

人工木材デッキの経年変化

DSC04286.jpg

以前、『人工木材について』という記事で紹介致しました某公園の人工木材デッキです。

その記事を今見返すと、すごい数の拍手を頂いております。

お役に立てていたらうれしいです。



なお、当社の施工ではありません。

まあ、施工品質は今回関係ありません。



その時の写真は上司が撮影したもので、

前から実際に見てみたいと思っていたのですが、

ようやく機会がやってきました。


【More・・・】




あらかじめお断りしておきます、

人工木材、合成木材、木樹脂にもいろいろありますので、

いろんな経年変化を生じると思います。



あくまでこれはその一例です。



DSC04287.jpg

もともとはどういう色だったのでしょうか?

確かに無垢の木材のように完全に褪色はしていませんが、

確実に劣化はしています。



DSC04288.jpg

外に負いているプラスチックのゴミ箱が劣化するように、

表面が粉を吹いたような感じで色が薄れています。


また、褪色しきらない分、汚れも目立ちます。



DSC04289.jpg

破損した部分をパテ埋めで補修しています。

中空構造なので、無垢の木材より衝撃に弱く、割れやすい。

人工木材デッキの多くは目地の間で専用金物で抑えこんでおり、

端からスライドさせて並べていくため、

真ん中の一枚を交換するには、

また端から外していかなくてはなりません。



ただし、このデッキは上からビスどめしているので、

ビスを抜けば容易に交換できるはずなのですが・・・。



DSC04291.jpg

いたるところでパテ埋めしてあります。

乱暴者にやられたのか?

傘でこづいてしまったのか?



DSC04292.jpg

自転車のタイヤの跡がくっきり。

これは以前当社が施工したデッキでも経験があります。



DSC04293.jpg

自転車でこけたのでしょうか?



DSC04294.jpg

まだ新しいのか、補修されていません。



DSC04299.jpg

板の木口がバラバラです。

伸縮度合いも一定ではないのでしょう。



まさん、施工時点でこんな貼り方はしないでしょう。



DSC04303.jpg

木が覆いかぶさっている下は、



DSC04304.jpg

まあ、これは無垢の木材でも汚れます。

それが自然か不自然かという差でしょうか。



DSC04305.jpg

すぐ横には無垢の木材の橋があります。



DSC04306.jpg
干割れが結構入っています。

ここまでいくと樹種の判別は難しく、細部まで確認しませんでしたが、

イペかボンゴシあたりでしょうか?



DSC04310.jpg

ここにもタイヤの跡がありますが、

ちょっと雰囲気が違います。



DSC04312.jpg
手摺は桧っぽいです。




できるだけ公平に判断していただこうと、

できるだけ事実のみを記すようにしましたが、

どう感じられましたか?




古着のジーンズと古着のスラックス・・・。

タグ : 経年変化 人工木材 うんちく

23:46  |  うんちく  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |