2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.07.09 (Thu)

ハードウッドへの塗装

塗装についてのうんちくは以前述べました。

今回高耐久はハードウッドへの塗装について述べます。


DSC_0608_20150709103827eb7.jpg

左が無塗装、右が塗装したウリンです。





【More・・・】




ハードウッドへ一般的な木材保護塗装をする場合の利点は次のようなことがあります。


■着色

そのまんまです。

自然退色したシルバーグレーの状態を、

「建築や外構の雰囲気と合わない」、「みすぼらしく見える」と感じる方「も当然いらっしゃいます。

感性は人それぞれですので、客観的な正解があるわけではありません。


■防藻・防カビ

以前、非常に湿度が高く土間にコケが生えていた現場で、

ウリンデッキに防藻・防カビ効果のある保護塗料を塗装したことがあります。




一方、塗装することによる問題点もあります。



■コストアップ


■メンテナンスの必要性

塗料がはげるとみすぼらしいので、

定期的に再塗装が必要になります。


■塗装がはがれやすい

ソフトウッドと違い、塗料が内部まで浸透しにくいです。

表面に乗っているだけというイメージで剥がれやすく、

よく歩くところとそれ以外の差が目立ちやすいということになります。


■滑りやすい

もともと平滑な表面のハードウッドに、塗装面を形成すると、

より滑りやすくなります。




これらを総合的に判断致しますと、

ウッドエクステリアにハードウッド塗装材を選択するのは、


■耐久性重視

■着色した見栄えが最も重要

■メンテナンスを絶やさない



という条件の下でのこととなります。







タグ : うんちく

11:15  |  うんちく  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |