2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.04.09 (Thu)

フェンスのリフォーム

いい天気です。

こんな日には外出したいところですが、
お待たせしているお客様のため、事務所で製図と見積。

高速走って自然の多いところへ行きたい。
奈良、和歌山方面でウッドデッキ、ウッドフェンス等をお考えの方、
私を呼びつけてください。

でも、春の交通安全週間です。
気をつけましょう。

数年前までは毎年のように参加していました・・・。



今日の施工例紹介は、
高速に乗る前に着いてしまう、
藤井寺市・I様のお宅。

境界ブロックにスチールのメッシュフェンスが立っているのですが、
ウッドフェンスにしたいとのこと。

現場に行くと、

01_20090409143747.jpg

ご希望の総延長が29.3m、なかなかの規模です。

20040204 015

ここはリビング前。
通りに面しているので、視線が気になります。
ホームセンターの格子パネルが簡易的に取り付けてあります。


02_20090409143755.jpg

玄関横の短いフェンスも、
合わせてウッドにしたいそうです。


すでにブロックの穴はふさがっているので、
新たに基礎工事をするのは難しい。

高さは900mm程度でいいとのことで、
メッシュフェンスの柱を利用することにしました。
ただ、柱ピッチが平均2mあったので、
間柱を入れます。

コーチボルトをアンカー代わりにする施工法にしました。
が、今になって考えると、将来的に柱が傷んだとき、交換するのが大変だなあと、
画像を編集しながら思いました。

何のことかわかりませんね、はい。
では、完成写真をお楽しみ下さい。


11_20090409143903.jpg

施工前写真では土しかなかったのが、
季節は巡り、青々とした稲がきれいです。

いやいや、そんなことより、ウォールフェンスを見てください。
いいロケーションなので、遠くからでも存在感があります。

10_20090409143855.jpg

木材はレッドシダー。
低いとはいえ、風通しが良いように隙間は広めにとってあります。
柱はメッシュフェンスの細い角パイプですから。


04_20090409143811.jpg


内側から見たところ。
柱は角パイプを木材でラッピングしています。
この部分は一本おきに無垢材の柱がたっています。


07_20090409143833.jpg

リビング前のみ、高さを1400mmにしています。
折れ点で補強される形となるので、強度は大丈夫。


08_20090409143840.jpg

外から見たところ。
敷地形状が変形しているので、
船の舳先みたいですね。


09_20090409143847.jpg

柱頭は水がたまり腐朽しやすいので、笠木でふたをしています。



05_20090409143819.jpg

玄関横の部分。
花壇もつくられ、無機質さがどこかへ行ってしまいました。


03_20090409143803.jpg

エントランスからの眺めです。
これぞ、外構リフォーム!


実験施工の意味合いもあり、低予算で施工させていただきましたが、
結果的には大成功でした。

でも、実験だけで終わり、その後このようなフェンスのリフォームはなく・・・。


奈良、和歌山方面でメッシュフェンスにご不満なお客様、
私を呼びつけてください。
22:00  |  ウォールフェンス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

No title

エントランスからの眺め、素敵ですね!
ともぞう |  2009.04.10(金) 02:20 | URL |  【編集】

Re: No title

ともぞうさん

ありがとうございます。
他のエクステリアや植栽との相乗効果ですね。

私はウッド製品について考えるだけですが、
トータルで外構をプランニングする造園業者さんはすごいですね。

この物件は、トータルで考えられたわけではありませんが、
たまたまいい雰囲気に仕上がりました。
トヨキチ |  2009.04.10(金) 07:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/155-2bc8375f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |