2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.02.20 (Sat)

貝塚市K邸ウリンデッキ

DSC05129.jpg

貝塚市K邸ウリンデッキをご紹介致します。

造園業者様の下請け工事です。


【More・・・】




01-DSC_0137_201602190750162a5.jpg

お庭のリフォームをコツコツと続けられています。

おそらく以前は純和風庭園だったと見受けられますが、

欧米化が着々と進んでいます。


増築されたレンガ壁の前にウッドデッキを施工します。



DSC_0154_20160219075658af1.jpg

このどでかい景石にウッドデッキを絡めます。

他の場所から移動されてきたそうです。



DSC_1062.jpg

フロアレベルにレーザーで水平ラインを合わせ、

景石に当たる部分をチョークでなぞり、

ポイントをいくつか決め、

ポイント間と、建築からの垂直距離を測り、

図面に落とし込みました。



基本的には現場合わせになりますが、

構造の配置だけでも正確なものが事前にわかっていれば、

現場での手間が違いますし、

材料の無駄も省けます。



DSC_1067.jpg

紐で地面にデッキ形状のイメージが記されています。

外構業者様によるイメージ図を基に、

正確な実測と、強度、耐朽性、機能を考慮し、

実施設計を当社で」作成します。



では完成です。



00-DSC05130.jpg

ベンチ付きのウリンデッキです。



DSC05126.jpg

形状が複雑です。

基本形は、

ベンチの角が90度、左上が60度、右下が30度という三角定規のイメージです。



DSC05122.jpg

施工例紹介を念頭に置きながら、

わかりやすいよう脚立上からの撮影を多用しました。



DSC05106.jpg

景石に当たる部分は出っ張りの二点を結ぶブラインで直線カットと考えていたのですが、

いつもどおり親方のこだわりが止まらず、

床板1枚単位で石に合わせて切っていました。



DSC05105.jpg

そんないい仕事もシンクで半分ぐらいは隠れてしまいます・・・。



DSC05088.jpg

ステップやカーポートの柱、景石と、

狭い範囲に色んな要素が押し込められたこのスペースですが、



DSC05091_2016021914361453e.jpg

100kgのシンクを支えるため、

見えないところですが構造は頑丈に仕上げております。



DSC05090.jpg

このサイズしかありえないステップ。



DSC05132_201602191442190fc.jpg

そして、

やっと出ました、今日のメインであるベンチ。

チラチラと見えていて気になったでしょう。



小枝不動産なら、ここまでずっとぼかしが入っていたことでしょう。



DSC05109.jpg

『池田専務池田ベンチ』とは似て非なるものです。

このベンチはデッキと独立して地面から立ち上がっています。


デッキ上に固定する『池田専務池田ベンチ』をおすすめしたのですが、

ある目的のためにこの構造となっています。



DSC05083.jpg

ベンチ下を暖炉の薪置き場として使用するため、

スペースを大きく取りたかったのです。



DSC05115.jpg

前後の脚とデッキの束に位置を合わせて根がらみでつないでいます。



DSC05114.jpg

前脚、後ろ脚、座板の根太、根がらみを工場で『b』の形に組み、

現場でレベルに合わせて脚をカットして組み上げています。



DSC05102.jpg

『池田専務池田ベンチ』にはない鼻隠しが付いています。

横方向の強度を上げるためです。



DSC05097.jpg

角を落としています。

この前が車の侵入スペースとなるため、

有効間口を「広く取るためです。



DSC05098.jpg

角がないので、『とめ』にすると外側の座板のおさまりがおかしくなりますので、

長方形+三角形の仕上がりとしました。



実はこれ、

何気なく見ていると気づきませんが、

よく考えてみてください。


三角部分の座板は幅を狭めないと継ぎ目が合いません。

正確には長方形部分÷√2=84.9mmに削っています。


そこまで正確にしても伸縮があるので意味が無いのですが、

0.1mm単位まで削れる設備があるので、やっておきました。



DSC05117.jpg

端部の構造は悩みました。

末広がりの景石なので、

束を地面に建てることができません。



DSC05108.jpg

景石にアンカーを打ち込み、

ベンチの下地を固定しました。



DSC05133.jpg

ベンチとステップは頂点を合わせています。

真上から見るわけではないのですが、

こだわってみました。


45°ではないし、お互いの幅が違うので、

単純なようで実は合わせるのが難しいのです。


誰もわからないのでアピールしておきます。



DSC05136.jpg

ベンチ根がらみとステップ根太を共用し、

強度アップと無駄の削減を両立しています。



DSC05137.jpg

機能美も。



DSC05116.jpg

デッキ施工後に庭園灯が施工されていました。

アングルの妙でなんとなくモノアイ的・・・。

あなたならわかるはず。



DSC05080.jpg

下請け工事は施主様のご要望を直接聞けません。

元請け様のデザインからご要望を汲み取り、

機能(安全性・耐朽性)とコストを考慮して現実化するというお仕事になります。


『施主さまの為』を一番に考えた上で、

無理なものは無理と言わなければなりませんが、

可能性があるものに関しては、

元請様と施主様が築き上げてきた関係を尊重し、

皆様に喜んでいただける道を探るということも大事ですね。







タグ : ベンチ 大阪府 ウリン ウッドデッキ ステップ

16:59  |  ウリンデッキ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |