2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.06.14 (Tue)

某保育園ボックス遊具

P1210717.jpg

外構業者様のご依頼で制作いたしました。




【More・・・】




外形と寸法の指定に基づき、

加工図面を考え制作致しました。



P1210715.jpg

550mm角の箱を、150mmの段差をつけて並べるというのが基本コンセプトです。

現場ではつなげるそうですが、

配置換えができるよう、

それぞれを独立させております。



P1210721.jpg

木材は優しい肌触りのレッドシダーです。

いずれささくれ立つ可能性はありますが、

そういう事も理解の上で本物の木に触れさせるという事を重視されています。



P1210724.jpg

ということで、滑り台も木製です。


とはいうものの、

ささくれの起きにくい柾目をしようしたり、

板の向きを考えることで、

経年変化しても安全なように考えうる配慮を講じております。


ビスを裏打ちすることで、

木がすり減ってきたらビスの先が露出する可能性も考慮しながら、

安全な長さのビスを使用しております。



P1210729.jpg

ここは物入れとして使えるよう、壁はありません。


下地はアルミ角パイプを使用しております。

ここでは取り付けておりませんが、

手すりが取り付くため、

柱がしっかり固定されるよう、

ビスの効きが良いアルミパイプを採用しました。



P1210725.jpg

こちらは子供が入って遊べるようになっています。



P1210726.jpg

床は土に近いため、ウリンを使用していますが、

在庫期間が長く乾燥が十分な材を再加工し、

ささくれの危険性を抑えています。



P1210718.jpg

組み立ては家具職人の手によるものです。


私が考えたものではありませんが、

使いみちの幅が広い、面白い遊具ですね。





タグ : レッドシダー 遊具 教育施設 別注商品

19:00  |  施工例  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |