2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.09.06 (Wed)

和泉市A邸ウッドデッキ

P1150368.jpg

和泉市A邸ウッドデッキをご紹介致します。


【More・・・】




P1150354.jpg

凹部分に奥行き2700mmのメインのデッキをつくり、

右側には奥行き1200mmでメインデッキへと続く濡縁的なデッキを

とのご要望です。



当初はキットデッキをご検討されていましたが、

規模が膨らみ、当社で工事もさせていただくこととなりました。



ウッドデッキ ウリン

メインデッキはD2700mm×W2800mm、

濡縁部分はD1200mm×W4000mmです。




ウッドデッキ ウリン

手摺はショールームに展示しているキットデッキハードウリンの、

横ストライプタイプがお気に召され、

同じパターンの採用となりました。


このブログではランダムボーダーと呼んでいます。



ランダムボーダー

角になる部分は正面を化粧面とし、

側面より5mm程度長くしています。



ランダムボーダー

細かいところですが、

横板の木口もしっかり面取りしています。

引っ掛けると痛いですからね。



ランダムボーダー

先程とは逆方向に折れている部分、

専門的には『入り隅』とよんでいますが、

ここは普通に柱を立てただけでは片方の横板しかビス止め出来ないので、



ランダムボーダー

柱に下地を取りゆけ、

下地に横板をビス止めしています。


柱を2本入れるとうっとおしくなりますし、

試行錯誤の結果、最近はこの工法で落ち着きました。



ランダムボーダー

内側から見るとこんな感じ。

床板に映し出された影が「きれいです。



ランダムボーダー

通路的な使い方しかできないとはいえ、

手摺がつくと圧迫感が出ますので、

これぐらいの出幅は欲しいものです。



ウッドデッキ ウリン

メインデッキ部分は手摺もステップもありません。

使用されてみて必要であれば追加することも可能ですし、

このままでも縁台的に腰掛けられて良いかもしれません。



ウッドデッキ ウリン

当社では原則床板はサンダーがけしているので、

この通りとても美しく仕上がります。

 ビスもまっすぐ通っています。



ウッドデッキ ウリン

床板端部はしっかり面取りし、

反リ上がっても危なくないように配慮しています。



ウッドデッキ ウリン

ハナカクシの木口はぐるりと面取り。

安全性+見栄えを考慮しています。



ウッドデッキ ウリン

壁際は原則的に一定のクリアランスをとり、

壁を伝う雨だれやほこりがたまらないように配慮しています。


このように屋根の下になる部分はクリアランスをとらない場合もありますが、

サイディングに凹凸がある場合はクリアランスをとったほうが

床板の端部が揃ってきれいに仕上がります。




ウッドデッキ ウリン

水切り部分は切り欠き、面取りで仕上げています。



こんなに細かい施工例紹介が他にあるでしょうか?

こんなドアップ画像満載の施工例紹介が他にあるでしょうか?



ウッドデッキ ウリン

お庭が広いので、

いろんな活用方法の可能性を秘めていますね。



ウッドデッキ ウリン

家族構成やライフスタイルの変化にともなって、

形を変えていくウッドデッキというのもいいですね。






♣︎エクステリア、ウッドデッキのご相談なら♣︎
♧♣︎創業100余年、信頼と実績の♣︎♧
   中川木材産業株式会社
       HP:wood.co.jp
♣︎--------♣︎--------♣︎--------♣︎--------♣︎



タグ : 大阪府 ウッドデッキ ウリン 施主さまのコメント ランダムボーダーフェンス

18:53  |  ウリンデッキ  |  コメント(2)

Comment

当初安価な材料で、自分で組み立てようかとも思いましたが、ショールームで実物を見せていただき高価ではありましたがウリンにしたくなりました。また、設置場所が変形地でもありましたので設計、施工共中川木材産業さんにお願いすることにしました。

工期も短く寸法も合わせていただいたので立派に美しく仕上がり大変満足しています。

秋になる前に作っていただいたので、気候の良い日に朝食や夕食を外で食べたり、夕涼みに使ったりと今から楽しみです。大切に使わせていただきます。
和泉市A |  2017.09.06(水) 18:54 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

和泉市A さま

この度はいろいろとありがとうございました。
たまたまタイミングがよく、お見積もりから現場施工までトントン拍子で進みました。

本文にも書いておりますライフスタイルの変化に加え、
周辺状況の変化にもともなってお庭の用途も変わってくるかもしれませんね。
たくさんの可能性を秘めたお庭ですので、
あれこれ考える楽しみがあってうらやましいです。
またお役に立てることがありましたらお声がけ下さい。

今後ともよろしくお願い致します。
トヨキチ |  2017.09.12(火) 11:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |