FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2020.02.14 (Fri)

ウォールフェンスのあるときー  ~富田林市A邸ウォールフェンス

P1210538.jpg

富田林市A邸ウォールフェンス、

できたてホヤホヤ施工例紹介です。


【More・・・】




新築にともなう外構工事があり、

目隠しフェンスのみ分離して当社にご依頼いただきました。


IMG_1193.jpg

造園業者様が施工された隣地境界ブロックを基礎として、

高さ1400mmの目隠しフェンスを施工します。



IMG_1188.jpg

長さ9.5m。

1200mmピッチでブロックの穴を開けておいていただきました。



P1210539.jpg

ウォルナットブラウンの落ち着いた雰囲気のウォールフェンス。



P1210554.jpg

人の視線を遮る目的ではなく、

隣地のブロック塀をカバーし、

敷地内の統一感を演出するためのものですね。



P1210521.jpg

横板はレッドシダーt17mm×w90mm。

いちおう節ありグレードなのですが、

ほとんどありません。



P1210562.jpg

クリアランスは10mm。

板幅とのバランスが撮れていると思います。



P1210550.jpg

サービスヤード手前まで施工しました。

施主さまは、もっと奥までつなげたそうでした。



P1210529.jpg

ブロックの手前10mmでストップしています。



P1210540.jpg

道路側からアルミ柱が見えないようにとのご要望で、

端部柱に板張りしています。



P1210525.jpg

柱は50mm角のアルミパイプ。

ブロックに施工する場合、

小さい断面寸法での強度が求められます。


このパイプは厚みが3mmあり、

よく使用されている90mm角で厚み1mm程度のものより強いです。


アルミメーカーに製造依頼している当社の販売商品です。



P1210549.jpg

ビスの通りがバッチリ決まっています。

インスタでアメリカ人のフォロワーさんに褒めていただきました。



P1210548.jpg

板の継ぎ手もこの通り。



言わなければ誰も気づきませんが、

50mmの柱幅でのこの仕事、

なかなかのものなのです。



IMG_1350-2.jpg

このようなフェンスの一般的な工程は、

柱を建ててモルタルで固めてから、

板を貼っていきます。


しかしこの方法では、

柱の前後左右の垂直とレベルに加え、

すべての柱の並びを合わせるのは至難の業です。

柱頭に水糸を張るだけでは、まずそろえることはできません。



一方、当社では、

まず柱野レベルをとって長さをカットし、

地面に寝かせて横板を打ち付けて看板状に仕上げてから、

みんなで抱えて基礎に建てます。


継ぎ目部分はいったん固定してからビスを外し、

建ててからつなげます。


もっと背が高い場合や、

思いハードウッドの場合は、

板を間引いて持てる重さにします。



非常に手間はかかりますが、



P1210542.jpg

このように一直線の美しいラインが仕上がります。



P1210552.jpg

反対から見ても。



P1210547.jpg

ブロックとの隙間も10mm。

これではモルタル充填ができないので、

フェンス全体の立ちが決まった段階で、

下の2段を外してモルタルを入れ、

終わってから復旧します。



P1210565.jpg

毎日通るアプローチです。

気分も変わりますね。



P1210559.jpg

ウォールフェンスのあるとき~



IMG_1188.jpg

ないとき~



5501のウォールフェンス!


※5501は当社の電話番号下4ケタです。




最後にバーチャルショールームを。












♣︎エクステリア、ウッドデッキのご相談なら♣︎
♧♣︎創業100余年、信頼と実績の♣︎♧
   中川木材産業株式会社
       HP:wood.co.jp
♣︎--------♣︎--------♣︎--------♣︎--------♣︎

タグ : 大阪府 レッドシダー 目隠しフェンス ウォールフェンス フェンス

20:16  |  ウォールフェンス  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |