FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.04.06 (Mon)

インダストリアルデッキ ~大阪市阿倍野区S邸ウリンデッキ

P1200451_2020040609243522f.jpg

大阪市阿倍野区S邸ウリンデッキ、

既存デッキの改修工事です。

昨年8月完成です。


【More・・・】




一昨年の秋の超強力台風でデッキが潰れてしまったとのこと。



P1200029.jpg

建築の裏側にウッドデッキがあります。



傾斜地に建てられて住宅で、

表側は道路に面していますが、

裏側は高基礎になっており、

ウッドデッキは鉄骨構造を立ち上げた上に施工されています。



P1200002.jpg

手摺がごっそりなくなっています。

風で飛ばされた模様。



P1200008.jpg

箱型の金物に柱を刺す仕様だったようです。

金物の中に水がたまり、

腐朽して弱っていたのでしょう。



P1200020.jpg

床板が反り上がっています。

根太が腐り、ビスが効かなくなったのでしょう。

杉の足場板を防腐注入しないで使用していると考えられます。



P1200049.jpg

デッキ下。

地下室のような感じですね。



IMG_7276.jpg

解体したところです。

鉄骨はサビを落とし、塗装し直します。



P1200417-2.jpg

マットブラック塗装しました。


引き締まって見えます。



P1200471-2.jpg

ウリンデッキに生まれ変わりました。



P1200444.jpg

広さは約16.5㎡。

基本的な大きさや形状に変更はありません。




P1200421.jpg

手摺はシンプルで風通しバツグンのクロスタイプ。

高さ900mm。



P1200445.jpg

中川木材の特許システムであるハイテンションジョイントは、

ボルトのひっぱり力で強度と耐久性を両立できます。

経年変化で木材が痩せても、

ナットの増し締めで完全復活します。



P1200422.jpg

こちらは鉄骨躯体と一体化していたフラットバーの手摺。



P1200427.jpg

杉板の笠木がついていましたが、

これもウリンと交換です。



P1200434.jpg

こちらはステップ兼ベンチ。

NEWアイテムです。



P1200436.jpg

コンクリートの踏み台になっていましたが、

木材でカバーすると

雰囲気がガラリと変わりました。



P1200477.jpg

高さ方向はサッシより上がらないように、

出幅方向は向こう側の出入り口をできるだけ遮らないように、

シンプルに見えて色々考えています。



P1200415.jpg

出入口の形をシンプルにしたかったのですが、

以前のデッキ形状に合わせて土間コンがこの形になっていたので、

見栄えが悪くならないように再生しました。



P1200425.jpg

以前は階段の右側の鉄骨上にも、

ウッドデッキ構造とフェンスがありました。

あまり実用性が感じられなかったので、撤去しました。



P1200428.jpg

ここには室外機が置かれていました。

ここに復旧すると、

電気屋さんがデッキ施工前後に

撤去と再設置の2日作業となり、

コストがかかりますので、

デッキ下への移動を提案しました。



直射日光が当たりにくく、

冷房効率も良くなるでしょう。



P1200426.jpg

鼻隠しなしタイプでコスト削減。

その代わり、

無くても見栄えが良い仕様に。



P1200452.jpg

階段の始まり部分は鉄骨構造が複雑でしたが、

大工さんがうまくまとめてくれました。



P1200413.jpg


無駄のない仕上がりだと思うのですが、

いかがでしょうか?



ウリンとマットブラックの相性もいいです。



P1200423.jpg

階段は以前からスチールです。



P1200456.jpg

床下はマットブラックの鉄骨が強調され、

今流行のインダストリアル感が漂っています。



P1200460.jpg

カーポートデッキのように屋根をつけるとより使い勝手が良くなるでしょうね。



P1200466.jpg

鉄骨と根太の間には合成ゴムパッキン。

鉄骨は錆びにくく。

根太は腐りにくく。

細かいこだわりです。




P1200459.jpg

建築際と鉄骨の間に距離があります。

強度的には問題ないのですが、

床板が沿って端部がバタつく可能性があるので、

束のない根太を入れて床板を固定しています。



「吊り根太」と呼んでいます。



P1200450.jpg

再びデッキ上へ。

いつもどおり、きれいな床板でしょ?



P1200446.jpg

表面にプレナー=自動かんなをかけています。

そこまでする必要はないとは思うのですが、

完成したときのお客様の感動をより大きなものにしたいので。



P1200418.jpg

安心して、



P1200438.jpg

緑に囲まれながら、



P1200432.jpg

心地よい時を過ごしていただけたら嬉しいです。



バーチャルショールームをどうぞ。









♣︎エクステリア、ウッドデッキのご相談なら♣︎
♧♣︎創業100余年、信頼と実績の♣︎♧
   中川木材産業株式会社
       HP:wood.co.jp
♣︎--------♣︎--------♣︎--------♣︎--------♣︎



タグ : ウッドデッキ 大阪府 ウリン ステップ 改修 鼻隠しなし

18:44  |  ウリンデッキ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |