FC2ブログ
2021年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2021.02.18 (Thu)

もうすぐ成人ウリンデッキ ~羽曳野市N邸ウリンデッキ18年2ヶ月経過

IMG_5722.jpg

当社で初めてオールウリン製のウッドデッキを施工したのが

18年前です。


18歳になった長女と再開してきました。



【More・・・】



今日、打ち合わせにお伺いしたお宅の2軒となりが、

長女の嫁ぎ先でした。

09_20090509165006.jpg

これが完成時の状況です。



突然の訪問でしたが、

快く迎えていただけました。



IMG_5717.jpg

結論から言いますと、

何の問題もなく健康そのものでした。



非常に冷えたうえに強風でしたので、

お花の保護のためのシートがめくれあがっています。



突然の方面ですし、

お客様の名誉のために。



IMG_5719.jpg

苔は生えています。

これはどんな木材でも同じですね。



IMG_5720.jpg

当時板材はリブ加工材しかなく、

手摺の横板もリブを化粧として使用しています。



IMG_5721.jpg

独特な貼り方ですが、

これは以前のレッドシダーデッキのデザインを踏襲したものです。



IMG_5723.jpg

階段も全くあぶなげがありません。



IMG_5724.jpg

当時は150mm幅で仕上がった規格の幅広剤が合ったんです。

今は枕木用のラフ材を乾燥させ、削っています。



IMG_5725.jpg

リブ加工面かフラット面か、

どちらを化粧面とするかお客様に確認していました。



IMG_5727.jpg
IMG_5727.jpg

きれいな仕上げで、

干割れが目立ちにくく、

濡れても滑りにくいというのが

リブ加工のメリットです。


反面、

土や水が滞留しやすく、

普及しやすいのではないかという心配がありましたが、

全く問題ありませんでした。



IMG_5726.jpg

このデッキは改修工事で、

以前あったレッドシダーデッキは腐朽し、

シロアリ被害を受けていました。

植木鉢ヤプランターがこのようにたくさん置かれ、

床板の目地に土や枯葉が詰まり、

腐朽菌の温床となったためです。



デッキはウリンになっても同じように使用されていましたが、

怪しげなところは皆無です。



IMG_5729.jpg

施主様は

「そりゃあ、腐らない木ですから大丈夫ですよ。」

とおっしゃっていました。


私は「腐らない」と断言することはなく、

ほとんど実績も情報もない当時は、

「腐らない木と言われています。」と正確にお伝えしたはずなのですが、

人の記憶はプラス面が残りやすいものです。



実用面での実績が証明され、

最強の木材であるという確証を得ることができましたが、

いちおう情報修正させていただきました。



IMG_5730.jpg

ずっとこのデッキが気になっていました。

日本より高温多湿な産地での実績や、

京都大学による普及促進試験の結果により、

ウリンが最強であることには95%の自信があったのですが、

ウッドデッキとしての自社施工での実績が証明されたことで、

残り5%が埋まりました。



とてつもなく大きな収穫です!




ちなみに、

同時に施工した、地面に埋めた中古枕木アプローチは

10年経たずに改修されたそうです。




♣︎エクステリア、ウッドデッキのご相談なら♣︎
♧♣︎創業100余年、信頼と実績の♣︎♧
   中川木材産業株式会社
       HP:wood.co.jp



♣︎--------♣︎--------♣︎--------♣︎--------♣︎

タグ : ウッドデッキ 大阪府 ウリン 経年変化 うんちく 改修 品質

19:33  |  経年変化施工例  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |