FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009.09.18 (Fri)

そのままでは何も出来ない敷地を有効活用した ウッドデッキの施工例

昨日、ラブラドールカーポートデッキのKさまより、
「ブログ見ました。」とのご連絡をいただきました。

ご主人さまからは電話を、

奥様からはブログにコメントを、

もり太くんからは遠吠えで。


お客さまからの喜びや感謝の声が聞けるっていうのは、
恵まれた環境で仕事しているんだなあとつくづく思います。





えー、本日は予定を変更して
そのままでは何も出来ない敷地を有効活用した
ウッドデッキの施工例をご紹介します。

「予定を変更して」といっても、
予告していたわけでも、
誰かに公表していたわけでもなく、
ただ、自分の中だけの予定です。

だから、わざわざ「予定を変更して」などと断りをいれなくてもいいのです。

どうでもいいですね、はい。


和泉市のM邸デッキ、下請け工事です。

実は、
そのままでは何も出来ない敷地を有効活用した
ウッドデッキの施工例なのです。

おっと、二度も同じ事を言ってしまいました、失礼。

百聞は一見にしかずということで、どうぞ。


011_20090918104014.jpg

検地石上の斜面というのは敷地面積に含まれるのに、
雑草を育てる以外はどうにも利用できません。
それではもったいないので有効活用するべく、
鉄骨構造でウッドデッキを作りました。


033_20090918104028.jpg


2方向が壁なので、柱は1本で十分。
検地石下は敷地境界が迫っていますので、
正確な実測が必要でした。

鉄骨は溶融亜鉛めっき仕上げ。
公共工事では定番のめっき処理です。


022_20090918104021.jpg

今では出番がめっきり減ったラチスフェンス。
当社のラチスは厚みも木材の質もトップグレードですよ。


044_20090918104035.jpg

高台なので眺めはいいんです。
あいにくのお天気ですが・・・。


055_20090918104043.jpg

お庭からの段差をなるべく小さくしています。
ウエスタンレッドシダークリア(節なし)材を使用しています。

066_20090918104050.jpg

床はヨワックスがけしているようにピッカピカですが、
雨で濡れているだけです。


077_20090918104057.jpg

パイン系の明るい塗料を塗っているので、
板自体の濃淡がはっきり出ています。
このままの色を保つことが出来れば、
味わい深いんですけどね。


088_20090918104105.jpg

ウッドデッキと既存フェンスの間の開口部は、
アルミパイプを芯柱としたウッドフェンスで、
手摺からの一貫性をもたせています。


099_20090918104112.jpg

今日の主役は、実はこの鉄骨構造、っていうかその表面処理。

現在打ち合わせ中のお客さまに、
「溶融亜鉛めっき」の仕上がりを確認していただくために、
本日は予定を変更して、
そのままでは何も出来ない敷地を有効活用した
ウッドデッキの施工例をご紹介しました。

おおーっと、
3度も同じ事を言ってしまいました、失礼。






テーマ : お仕事日記☆ - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : レッドシダー クリア ウッドデッキ 鉄骨 ラチス 大阪府 高床

20:20  |  レッドシダーデッキ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/266-30eb2f00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |