FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2008.09.22 (Mon)

買い物男の逆襲!

昨日(日付が変わってしまったため正確には一昨日)、
恐れていたことが起こりました。

前夜から予想してましたが、
現実になってしまいました。

街からすっかり消えてしまいました。
どこを探してもないのです。

バナナが!!

金曜日、ダイエットの番組で朝バナナダイエットが紹介されました。
観ました?
あの森久美子が、確か1ヶ月半で7キロ痩せたのです。
朝食をバナナと水にして食後30分は何も食べない、
あとは寝る4時間前は何も食べてはいけないというだけなのです。

詳しい情報は知らなかったのですが、
私は数週間前から奥さんに言われて朝バナナしていたのですが、
昨日ちょうどバナナがなくなったため帰りにスーパーに寄ったのですが、
4店はしごして、どこにもありませんでした。

予想はしていたのですが、
テレビの影響はすごいですね。

いま、バナナハンガーを商品として販売したら、
かなりうれるのではないかと真剣に考えています。



スーパーといえば、
ここ最近、スーパーに寄って帰ることが多いのですが、
レジではいつも腹が立ちます。

男性はみんな思っているのではないでしょうか?
店員のつり銭の渡し方です。

こちらの手がさもばばっちいかのように、
絶対に手に触れないようにつり銭を渡します。
最近はレシートの上に乗せてよこします。

まだかわいいバイトの娘ならましなのですが、
パートのオバハンまでやりよるのですよ。

だれが手触りたいねん!!

もらう方が落としそうになって何度もヒヤヒヤしていることをわかっとらんのですよ。
これはおしおきしなければなりません。

わざと手に触れるように受け取ったり、
鼻クソのついた手で相手にバトンタッチするようなことは、
だれでも思いつきます。

もっと頭脳的な方法を考えました。

つり銭が出来る限り多くなるようにして、
レシートの上に乗せにくくなるような買い物をするのです。

考えました。

お札は別で渡されるので関係ありません。
小銭がいちばん多くなるのは、999円です。
ただし、1円では何も買えません。

ということは、
1001円の買い物をすればいいのです。

これだけではまだあまい。
レシートに乗せにくくするには、
レシートができるだけ短くなるようにしなければなりません。

つまり、
出来るだけ少ない点数のかいもので、
1001円になるような買い物をすればよいのです。


より効果的を上げるために、
お客さんの多い夕方に実行するのです。

これを何回も繰り返していくと、
いつかつり銭を自ら落とし、
レジ台の下のほうに転がり込んで拾うことが出来ず、
買い物をしたあなたはおろか、後ろに並んでいるお客さんもイライラが募り、
焦った店員はレジの中の小銭で間に合わせ、
閉店後にはそのことを忘れて売り上げと残金が合わなくなり、
責任をとってスーパーを去ることになるのです。

さあみなさん、世直しのためです。
明日からみんなで実践しましょう!!

テーマ : お仕事日記☆ - ジャンル : 就職・お仕事

01:23  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

No title

サー!

夕方のスーパーで実行しました。

夕方はお客さんが多かったです。レジ打ちの方はロングでやせていました!無心にレジを打っていました。

ひたむきさに打たれて列に並びました。

私はバナナ片手に、並んでました!モンティパイソンじゃにけど、片手にバナナを!私の番になって、レジの方を見たらオバチャンでした!サー!

この時点でUターンできなかったです!おつりは手をギュっと握ってもらえて・・・。さらに、何故か苦労様のような目で見られました!

サー!私は負けたのでしょうか!?
マゲッツ |  2008.09.22(月) 02:01 | URL |  【編集】

No title

マゲッツ二等兵!

それは敵に潜入している友軍であり、戦うべき敵ではない。
日本時間で夜中の間に夕方を迎えたとは、君はアメリカの外国人部隊だな?
トヨキチ |  2008.09.22(月) 09:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/27-6bc5caa2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |