FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.05.31 (Tue)

ミサイルキック

それから20年が経過したある日、

風呂あがりに何気なくあぐらをかいていると、


うぉぉぉぉーーーーっ!


【More・・・】

右足ふとももの付け根から指4本分(タチウオなら大物)のあたりに

イボが出来ていました。


これはまさに「ミサイルキック発射ボタン」です。


まあ、場所が場所だけに他人に押されることもなかろうと放置していると、

今度はどんどん成長し、

指1本の幅の半分程度の長さ(タチウオでいうと孵化したばかり)に伸びました。


他人に押されることは無いけれど、

これでは「気をつけ」をしたときに自分で発射ボタンを押してしまい、

ブラジルの人にご迷惑をおかけしてしまいます。



そこで、20年前を思い出し、ドライアイスの出番です。


が、

困ったことに、20年の間に私も恋愛して結婚して、

今は親子3人で幸せに暮らしています。


そう、

もう551のアイスキャンデーを買って来てくれる母とは別居しているのです!


それに、

最近は使い捨ての保冷剤が発達し、

ドライアイスもなかなか見なくなりました。



ブラジルの人を気遣いながら、抜き足差し足で歩くの生活が続いたある日、

実家に帰っていた妻が大雨で戻ってこれなくなりました。

その日は生協の商品が届く日で、

「玄関前においてくれてあるので、帰宅したら冷蔵庫に入れておいて。」

とのお達しがありました。


帰宅して野菜やらなんやらを冷蔵庫に入れていると、

冷凍食品が納められた袋の中に、白く息を吐く物体が!


そうです、ドライアイスです。


もう、離婚して実家へ戻らなければ会えないかと一時はあきらめていたのですが、

さすが生活協同組合!

困っている人に愛の手を差し延べてくれました。


とりあえず食品を冷蔵庫へ詰め込むと、

ズボンを脱いで、何重にも重ねたビニールでドライアイスをつかみ、

発射ボタン除去作業のはじまりです。


慎重にボタンめがけてドライアイスを当てます。

足に触れると低温やけどですから。

まるで爆弾の導火線を切るように。


すぐには状きようは変らず、

効いているのかどうだかわからず、

そのうち両手にドライアイスを持ち、イボを挟み撃ちにしました。

イボ自体には神経は通っていないので痛くはありません。


心なしか膨らんでいるように見えました。


また何度か繰り返さないといけないのかなと思いながら

いちおう作業を終えました。



翌日、

かなり干された干しぶどうのようにしぼんで、

細長く、硬くなっていました。



翌々日、

かなり硬くなり、

ズボンで擦れてちょっと痛くなりました。

先っちょの方は、爪で挟むと取れました。


お風呂で娘に、


「それ、なあに?」


と聞かれたので、


「バイキンマン」


と答えました。




翌々々日

風呂に入ろうとズボンを脱ぐと、

知らぬ間に取れていました。

根元から取れていたので、

おそらく再発はないでしょう。




かくして、ブラジルの人の平和を守ったトヨキチでした。



ご清聴ありがとうございました。

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

23:23  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wooddeckblog.blog44.fc2.com/tb.php/693-634fd90c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |